ユデカニッキneo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り比べMINI Vol.3 Rover MINI Cooper 1.3Cab

JARAのクルマ友の愛車たち、乗ったor乗せて貰ったMINIを紹介。
第3回目は、タケくんの愛車「Rover MINI Cooper 1.3Cab」通称「ミニ子さん」


14年間、変わることのない愛情を注がれ続けている幸せなキャブクーパー。
瀕死の重傷を二度も負いながらも復活を遂げてきたそうだ。
どうしてもこの個体がいいと。

大事にしても、飾っては置かない。
ミニサーキットだって走るし、パイロンジムにだって挑戦する。

あのミニ・クーパーの末裔、走ってなんぼか。

ステッカーとグリル以外は見た目も中身も至ってノーマル。
でも、注がれた愛情の分、好調をキープし、エンジンもよくまわり、
年式の割りにパワーダウンも少ないそうだ。



実際に走らせると、1000とはまた違った楽しさが味わえる。
1000などに比べアタマが多少重いとはいえ、ミニはミニ。
その良くも悪くも独特な挙動は健在。
トルクも十分出ている快調なエンジンと、ビルシュタインがぴったりマッチした足回りでとってもいい感じ。
少し広めのミニサーキットかなんか走ったら最高だろうな。


ミニフリーク詩、トランジャンの取材中

家族ぐるみ(両家とも夫婦&ワンコ)の(笑)お付き合いさせてもらっているので、おのずとミニ子さんと会う機会も多く、なんだかずいぶん馴染みって感じになってきた(笑)

愛犬DDさんと不二子も仲良しだし、またカニちゃんとも一緒に走ってくださいな~。


カニちゃんを追走するミニ子さん

スポンサーサイト

乗り比べMINI Vol2 Mini Marcos GT

JARAのクルマ友の愛車たち、乗ったor乗せて貰ったMINIを紹介。
第二回目は、couzパパの「Mini Marcos GT」



ぎりぎりMINI族。
MINIのコンポーネントに、FRPのボディ。
テッチンで補強されているとはいえ、
構造材としてFRPが使われている、走るプラモデル(爆)

公道で見かけると誰もが振り返るそのスタイリングは圧巻。



低く、コンパクトでグラマラス。
しかも、これ、ワンオフで大改造されたボディで、他のマーコスGTとは一線を画している。
実物は写真の数倍かっこいい。

無い無い尽くしのシンプルきわまり無い内装は
極めてスパルタンでレーシングライク。

要するに、公道を走れるレーシングカー(笑)

1300CABのチューンドエンジンで、軽量を生かした走りも刺激的。
でも、オーナー曰く、
「曲がらないから遅いよ!」
だって(笑)

しかも、このオーナー、この車でサーキット走行しちゃうんだから。
夫婦そろって、ふっつーにこれに乗って、ひょっこり現れるしね。
気合のいる車なのに気負いがない。脱帽。
(このヒト、「足車」にMG買うウマシカですから。)


IMG_3818.jpg

間違いだらけの足車選び


乗った感じも乗用車とはかけ離れてる。あたりまえか(笑)
ぶっちゃけ剛性感があまりなくて、決して意のままに動かしやすい車ではなくて、そういう意味ではMINIのサルーンの方がむしろスポーツしてるかもしれない。





古く、スパルタンで、素朴なキットカー。
決して完成度の高い車ではないんだろうな。
でも、そんなことどーでも良くなる刺激的な魅力満載。

またつるんでツーリング行こう!


乗り比べMINI Vol1 &号 1990 MINI 1000 Sprite

実際に見た・乗った・のせてもろたMINIを紹介。
たまにはMINIサイトのblogらしく(笑)

初回は、いい加減付き合いも長く濃くなってきた&ぅの愛車。



恐らくJARAが、自分の車以外で一番多く接しているMINI。

本人もポンコツ呼ばわりしているが、
確かに近くでよーくみると結構ボr...
でも、実は、実際に知っているサルーンの中では一番好き。

MINI1000の特性も好き。
車として無理がない。
よく回り、軽い。

DIYないぢり方も好き。
お金を湯水のごとく使うのでなく、
アタマと自分の労働力を使って仕上げたMINI。
でかすぎるアメ車用ミラー。
ボディ切って取り付けた漢(オトコ)のオイルクーラー
自慢の自家製ペイント・イノチェンティ・ドア。
(でも、そのせいで白・濃紺・濃濃紺の3トーン・笑)
手作り感を残しつつ、ビンボークサクなってないところがイイ。
既成のパーツを選んでショップでつけて貰うのとは
一味も二味も違う、ある意味本当のオリジナリティ。

今はガレージで休んでいることが多くなってしまったようだけど、
是非またこいつで走り回って欲しい。ね、&ぅ?

というわけで、ガタピシ万歳!



伝説のドナドナ事件



オリジナルのアルミメータパネル。
これにはやられた。かっこいい!
(でも、不動メータも多い・笑)


45912402_247.jpg

最近幸せらしいよ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。